Lake Processingをデジタルミキサーで。

ライブサウンドの世界において、ラウドスピーカープロセッシングのスタンダードとなっているLake Processor。MY8-LAKEは、ヤマハと Lakeの技術提携により実現した、ヤマハデジタルミキサー用DSPカードです。Mesa EQ, Ideal Graphic EQ, Linear Phase Crossoverをコンパクトなカードに集約。圧倒的な処理能力を備え、緻密で革新的なサウンドメイクを、直観的な操作で行なうことができます。

・品番 MY8-LAKE

<ご注意>
MY8-LAKEをPM5D/PM5D-RHでご使用いただく場合、PM5D/PM5D-RHのハードウェアのアップグレードが必要になります。アップグレードは有償にて承ります。
詳細は、お問い合わせください。

特徴

  • - 8 IN/8 OUT のMesa モード( システム EQ) 、4 IN/12 OUT のContour モード( クロスオーバー) 、またはその組み合わせによる多彩な使用が可能。
  • - 96kHz内部プロセッシング、44.1kHz、48kHz、88.2kHz にも対応。
  • - 音響測定ソフト「Smaart」との高い親和性を持ち、快適なスピーカーチューニングが可能
  • - ヤマハデジタルミキサーのインサートポイントや、MY8-LAKEカードのAES/EBU端子を活用することで、フレキシブルなシステム構築が可能。
  • - PCアプリケーション"Lake Controller"により、他のLake機器も含めたシステムの一元管理が可能。
  • - 1000種類以上の豊富なスピーカープリセットを搭載し、さまざまなアプリケーションに対応。的確でスピーディな音作りをサポート。

Lake Processingとは?

先進の機能を直感的な操作で

Lake Processingは、ライブサウンドのあらゆる場面で最適な音作りを可能にするテクノロジーです。非対称なEQカーブ特性を 持つMesaEQ 、バンド間の干渉を最小限に抑えるIdeal Graphic EQ、位相特性を乱さずに急峻なスロープを可能にするLinear Phase Crossover。これらを中心とするLake Processingならではのサウンドプロダクションにより、会場の規模や 音響特性、スピーカーの種類やメーカーに左右されることなく、最適なサウンド空間を構築します。さらに直感的なユーザーインター フェースを備えたLake Controllerは、慌ただしい現場でも効率的な音作りを実現します。

ライブサウンドを進化させたLakeの歴史

1990年代後半、世界的に著名なツアリング・レンタルカンパニー「Clair Brothers」のサポートの元、ライブサウンドエンジニアBruce Jackson氏とDSPアルゴリズムの革新的クリエーターDavid McGrath氏によりLake Processorの歴史はスタートします。「直感的で自由度の高い音作りが可能なスピーカープロセッサー」をコンセプトに彼らは、2001年、革新的なスピーカープロセッサー「Lake Contour」とシステムEQ「Mesa Quad EQ」を発表します。ライブサウンドのクオリティとエンジニアの作業スピードを劇的に向上させたLake Processorは、プロフェッショナルの現場に一気に広まっていきました。 その後2004年には「Lake Contour」と「Mesa Quad EQ」の機能を一台で実現する画期的なモデル「Dolby Lake Processor」を発表。ハイエンドのライブサウンドの世界において圧倒的なプレゼンスを獲得しました。2007年にはLab.gruppenとの協業により「PLM10000Q」が登場、その後にLakeテクノロジーはLab.Gruppenの手へと引き継がれ、近年、Lakeブランドの下で「LM26」「LM44」といった画期的な製品を次々と発表しています。そして2011年11月、ヤマハはLakeとの技術提携により「MY8-LAKE」を発表しました。ヤマハデジタルミキサーにLake Processorの機能を融合することで、パワフルかつフレキシブルなサウンドマネージメントが実現します。

メーカーページへ


MY8-LAKEについてのお問い合わせは info@forest-mi,co,jp
またはお電話 06-6863-2008
まで。